FC2ブログ

07月 « 2019年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

いろいろ出かけた

2019年 08月26日 08:53 (月)

1週間前の話ですが。
日野市豊田の「ぞうさん食堂」に初めて訪れた。

ぞうさん食堂

これだけ見ると完全にうどん好きな人が集まるグルメの会だが、れっきとしたライヴイベントじゃ。
ロドのお目当ては、サオリさんのライヴであった。
サオリさんとは、ここでも何回も書いた西八王子のカフェ&レストラン「アルカディア」を1人で切り盛りしていた方で、ロドと上野氏との出会いのきっかけを作ってくれた方でもある。
いろいろ事情があってライヴから遠ざかっていたサオリさん。キーボードの弾き語りなのだが、普段の地声とはあまり想像できないハスキーな声が妙に色気を感じさせるのだ。

流しうどん

当日は、流しうどんも行われた。
うどん以外にもたくさん食べ物があり、完全に夕食代わりになりました。
ごちそうさまでした。
「ぞうさん食堂」いい感じの場所です。あたしも出たいな、何かで。
80年代のアイドル曲がずっと流れてる店内の雰囲気からすると、マンゴー牛乳が良さそうだが。

でもって、先週木曜は荻窪ドクターズBARへ。
ここ最近お会いする機会が増えたおなじみの三浦さんと、スプートニクとは非常に縁が深いJUZさんのアコースティックデュオを拝見しました。

king and juzu 1

まず、ルックス的に華やかでとてもお似合いですな。
実際、気心の知れた同士ということもあり、息の合った夫婦漫才のような雰囲気すら感じた。
JUZさんはいろんな現場でよくお見掛けするのだが、こんなにデキる方だとは知らなかったので衝撃でした。おそるべしAdm’sファミリー・・・

king and juzu 2

こーいう絵を見ると、思い出さざるをえない。

PIC_0439.jpg

懐かしいな・・・5年前か。

で、おとといは中学親友と恒例のカラオケ&夕食。
前から歌おうと予定していた前川清「恋唄」は安定の出来でした。
西城さんの「若き獅子たち」も、初めてだけど気持ちよく歌えた。
E矢沢の「黒く塗りつぶせ」も良い感じでやれた。
稲垣潤一「ドラマティック・レイン」山下達郎「Loveland Island」など、今回はかなりチャレンジをしたな。
最後は中学親友が安全地帯の「悲しみにさよなら」で締め括ってくれましたよ。
めでたしめでたし。


(「我々の日記」は、毎週月曜に更新します)



[ロドさんの出演予定]
9月28日(土) おぎくぼClub Doctor
         (シエマルワールド)
スポンサーサイト



暑かった

2019年 08月19日 09:07 (月)

何から書けばいいのか。
まあ、いろんな意味で凄かった。先週木曜の武蔵境STATTOの話。
あんな現場は初めて経験したし、今後もそうそうないでしょう。

夕刻、STATTOに到着すると、数日前のスタジオリハでご一緒したドラマーさんが入口の前に立っていた。その隣にもう一方いて、明らかにロドは初対面の人だったのだが、聞いたら、同じトラリバでバンマス脇本氏とツインギターを務めるギタリストさんだという。
彼は、ゲストのボーカリスト(あたし)が参加するのを当日まで知らなかったそうな。
そんな感じですよ。
でも、結果的にトラリバの面々が皆いい人たちだったんで良かった。

STATTOのお家芸である「出順をクジ引きで決める」は事前に知っていたのだが、新たなルールが加わってまして・・・
普通だと、開演前のクジ引きで当日の全バンドの出演順が決まるのだが・・・
この日はですね、1組終わるごとに残りの全バンドがまたクジ引きをして次のバンドだけが決まる。これの繰り返しです。つまり、自分の出番が直前までわからないっていうシステムじゃ。

さらに、あろうことかSTATTOの空調が壊れており、中は完全にサウナ状態なのだ。ステージ脇に申し訳程度に扇風機が1台稼働しているのみ。
ステージとフロアの暑さは半端なく、ほとんど我慢大会である。
しかも、この日は7組も出るため、もはや早い順番を引いた者勝ちみたいな空気が蔓延していた。
しかし、我々のバンマス脇本氏の引きが弱く、なかなか出番が来ない・・・
申し訳ないが、各バンド終わるたびにクジ引きの結果を確認して、「まだか・・・」と思いながら外に出て涼み、頃合いを見計らって戻る、の繰り返しであった。
いや、ずっと中にいたら熱中症で倒れかねない。まじで。

不思議なもので、中で観ていた対バンやお客さんの熱気はなかなかいい感じで持続していた。なんというか、この苦行を共に経験している仲間同士みたいな感覚になってくるんやね。
そして、もはや暑さで思考能力も薄れてきているのかもしれない。

そんな中、ロドが出演するバンド「トラリバ(Traveling Riverside Blues Band)」は5曲演奏予定だったが、3曲に減らされた。
あまりの暑さのため、早めに終わらせるのが得策との判断らしい。しかし初めてだな。暑さのためにセットリストが削られるのは(笑)。

結局、トラリバは7組中6番目であった・・・
トリを引いてしまったバンドの人は思わず床にひれ伏していたが、もはやここまで来るとどっちでもいいというか、むしろトリのほうがオイシイんじゃないか。
暑さという苦行を共にして妙な仲間意識が芽生えた対バンの方々が集まってフィナーレに向かって盛り上がるあの感じですよ。
24時間テレビで言えば、マラソンの人が武道館に着いて「サライ」大合唱のくだりだ。観たことないけど。

で、6番目に出た我々ですが、現場がこんな暑い時によりによってあたしは長袖の衣装を用意してしまった。

トラリバとstatto

脇本氏のfacebookから勝手に拝借しました。失敬。読んでないだろうけど。
ライヴの出来ですか?まあ脇本氏のお友達がかなり来てくれて盛り上がってくれました。
あれですな。ブルースっていうのはやはりギタリストが主役なんだね。

*今週の格言
「暑いって言ったら罰金千円」by対バンの人


(「我々の日記」は、毎週月曜に更新します)



[ロドさんの出演予定]
9月28日(土) おぎくぼClub Doctor
         (シエマルワールド)

再び共演

2019年 08月12日 09:02 (月)

おとといは、新宿の某ペンタスタジオへ。
あたしがここに来るのは、2002年の夏以来じゃ。
よく覚えておる。日韓ワールドカップの真っ最中だったんで。
その時のバンドがまた曰くつきで、ベーシストがその後、カード詐欺に関わったか何かで逮捕されてしまいまして・・・
ライヴ直前だったんで、まあ驚いたというか、動揺したというか。
で、代わりに出演してくれたのが、ここでも何度か書いている今は亡き山町さんだった。
当時、ベーシストであたしの友達つーか知り合いといったら彼だけだったからね。
考えてみたら、元々のベーシストが逮捕されなければ、故山町氏とライヴで共演する機会には1回も恵まれなかったことになる・・・
皮肉なものです。

そんなペンタスタジオ。
「トラリバ」のリハでした。
本番は今週の木曜15日、武蔵境STATTOです。
まさか誰かが直前に逮捕されることはないでしょう。ただ、台風が危惧されます。
スタットのお家芸といいますか、出順がまた開演前のクジ引きで決まるらしいんだけど、1番目を当てたバンドの誰かがまだ到着できてなかったらどうするんだろうね・・・?
まあ、何とかするんでしょう。順番ずらしたりとかして。

リハの内容ですか?まぁあたしが大したミスをしなければ大丈夫だと思われる。
実は、スタジオに入る前にかなりナーバスになっていたのだ。
友達のバンドマンから「一緒にやらない」と誘ってもらってそこのバンドに突発的に混ぜてもらうのは、よくある話ではあるのだが、問題なのは、そのバンドのメンバー全員と面識があるわけではない場合だ。
以前に苦い経験がありまして。
同様のケースで、初見のギタリストさんにあからさまに無視された経験がありまして。
しかし、おとといは、あたしがスタジオに入ってきた瞬間、面識がないはずのドラマーさんが「あ、ハリーの人だ」と認識してくれた。確かに見たことがある顔だった。
以前にアウトブレイクでハリーと何度か対バンした「焚火」のドラマーさんじゃ。
うむ。この世界は狭いですな。
でも良かった。

上野氏と久しぶりの共演ですな。
一度袂を分かっても、こうやって会うたびに笑って挨拶できて、また別のバンドで共演できる関係を築けるのがありがたい。
あまりないことです。
当日の衣装を考えてますが、彼らのイメージに合わせてハットを被って出ようかな~とも考えてます。

11412104_867195916707112_3127771956694313290_o - コピー


(「我々の日記」は、毎週月曜に更新します)



[ロドさんの出演予定]
8月15日(木) 武蔵境STATTO
         (「トラリバ」でゲスト出演)
9月28日(土) おぎくぼClub Doctor
         (シエマルワールド)

夏の祭典

2019年 08月05日 07:59 (月)

七月が比較的涼しかった分、残暑がきっちり例年より長いんじゃなかろかと戦々恐々しています。
クリスマスや年末年始も、冷房をかけてかき氷を食いながら過ごすみたいな事態になりはしないかと。

おとといは、東小金井の商店街の野外納涼イベントで我らがGBJがソロライヴをやるらしいので覗いてみたかったのだが、いろいろありまして行けなかった。残念。とある事情で、本当になかなか時間が取れない・・・

先週水曜、獅子王到着前に水を買おうかと巣鴨駅前のコンビニに入ったんですが、ふと思い出した。獅子王の楽屋には冷たい水が常備されているのだ。
したがって、買わずに出てきた。
せこい。
出演者に配布されるドリンクチケットで「からだすこやか茶」ももらえるし。
何度も出演していると、そういう要領を得るものです。
それを、もっとステージ上のパフォーマンスに活かせれば良いのだが。

当日出演者が集まっての顔合わせが終わり、我々シエマルは軽く呑みにでも行くかと思いきや、ロド除く全員が車で来ているため、そういうのは無く、ならばとあたしはアトレ巣鴨のキッチンジローで腹ごしらえ。

そんな感じでした。

フジヤマ秋元

フジヤママーキュリーさんは久しぶりに拝見しまして。巣鴨のドン秋元さんが入ったバージョンは初めて見たが、その表現力に驚愕というか感銘を受けました。

しえまる獅子王photo

我々のライヴ。
これはなんと、三浦さんが撮ってくれた写真じゃ。
それ自体が極めてレアである。光栄ですな。
画像が小さいのは、添付メールを受けたあたしの携帯の機種が古いため(2007年購入)。

ライヴの出来としては・・・良い感触だったのだが、そういう時に限って後で録音や動画で確認すると自分のパフォーマンスがしょぼくて落胆するケースが往々にしてあるから何とも言えん。
まあ、楽しい夜でした。
7月の3本のライヴが終わり、ステージロスみたいな状態になるかと思いきや、電撃的にロドの次のステージが決まりました。
あの上野氏がいる「トラリバ」ですわ。
トラリバのギターボーカル脇本さんが先週の獅子王に来てくれまして、終演後の会話で急きょ、あたしが彼らのライヴにゲスト参加することになった。
8月15日(木)武蔵境STATTOです。
残念ながら、STATTOの常連GBJは対バンにいません。
あたしは2曲歌う予定。
今週末のリハで「1曲でいいよ」と言われたら1曲だけになるでしょう。
「出なくていい」と言われたら出演しないでしょう。
どうなるかは次週報告します・・・


(「我々の日記」は、毎週月曜に更新します)



[ロドさんの出演予定]
8月15日(木) 武蔵境STATTO
         (「トラリバ」でゲスト出演)
9月28日(土) おぎくぼClub Doctor
         (シエマルワールド)