06月 « 2013年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

アリス十番

2013年 07月31日 17:17 (水)

おそらくハリー初の2日連続ライブになりました。昨夜のアウトブレイクにお越し下さった方々、ありがとうございます。

対バンが若かった。

ロドリゲスは予告通り、タケちゃん帽に赤いピチピチの長袖underarmor、いつもの白パンというコスチュームを選択しました。
あ、ベルトも。

毎回、中盤の曼荼羅チャイナで疲労のピークに達するパターンも変わらずです。
アウトブレイクのステージに立つと何となく酸欠状態になるのも相変わらずです。
あそこは独特の空気があるんですよ。

来週また同所で演るので、対策を考えんと・・・
って何年対策を考えてるんだって話です。

昨夜はアウトブレイクを出て、結成当初から仲良くさせていただいているお客様と新宿2丁目のバーへ。
そう、2丁目というと誰もが想像するそれ系の方々がいるお店です。
あまり長い時間は居られなかったが、店員さんの接客のプロフェッショナルさに感心しました。

明日は間髪入れず高円寺ミッションズです。
まだ衣装が決まっていません。
こういうのが着たいです。
omar_souleyman_haflat_gharbia.jpeg



ロドリゲス
スポンサーサイト

御礼

2013年 07月30日 11:57 (火)

昨夜の渋谷ラママにお越しくださった皆様、どうもありがとうございました。
通常とちょっと違う雰囲気でしたが、灼熱のステージのなか楽しく演ることができました。
ロドリゲスは黒のロングパンツを初めて着用しました。これはある人からのアドバイス。

今日の四谷アウトブレイクは全く違った趣の衣装で出ます。
行くところまで行った感満載です。
飲み放題の日という事で、何が出てきても大盛り上がりの状態であることを切に願うばかりです。


予想外の反響をいただいている「極東のハリー結成秘話」はそのうち再開します。
というか、もうすぐ終わりなんだが・・・

f0205349_2171924.jpg

本日から5th Anniversary Tour

2013年 07月29日 10:12 (月)

久しぶりなので、今日のライブ会場ラママの行き方を・・・
いろいろ行き方はあると思うが、↓が一番わかりやすいと思われます。

JR渋谷駅の南改札を出て左に

駅を出ると左に246(玉川通り)が見えます。その通り沿いを駅を背に直進します(歩道橋を使うと便利です)。

246をしばらく直進すると右手に「みずほ証券」の縦看板が

そこで右折

すぐ行き止まりになりますが、左に曲がると右手にLA MAMAという看板が見えます。そのビルの地下です(写真)

lamama.jpg


昨夜は四谷アウトブレイクでMC COTA氏のライブを観ました。
ホントに久々。しばらくライブは遠ざかっていたとのことで。
しかし、トラックメーカーを見つけて華々しく戻ってきました。
COTA氏に招かれた高田馬場のオールナイトイベントが懐かしいな。

昨夜は、4月のマルムスティーンや極東de ABOリーでもお世話になったKA-DOOさん率いるベーゼ・モアも出たですよ。
元店長からは、ジンジャエールをおごってもらったですよ。

混乱しそうで大変ですが、今日は渋谷で、四谷は明日です・・・
今日は20:30から出演予定です。
お目にかかれるのを楽しみにしています。


ロドリゲス

極東のハリー結成秘話8

2013年 07月28日 13:48 (日)

悔いの残るイケていない学生時代を過ごしたせいか、ロドリゲスは在学中という設定の夢をいまだによく見るね。
よくあるのは「時間表がわからなくて次にどの教室に行っていいのかわからず困っている」
という状況の夢です。

結成秘話に夢中になっていたら明日からは怒涛のライブ連戦です。
結成5周年を記念して
Far East Harry 5th Anniversary Tourと勝手に銘打ちました。

前置きが長くなりましたが秘話の続きを・・・


バンド名を決めるために再び新大久保の庄屋に集まった3人。
予想どおり、難航を極める作業であった。
共通していたのは、ありがちな英語名ではなくカタカナやひらがな、漢字の名前にしようという点であった。
「どぜう」など、いろいろな候補が現れては消える中、ビールを飲むピッチだけが進み、
もう何でもいいかという雰囲気が漂い始めていた。

「『世界の』とかどうだろう?」
「いやちょっと大げさ過ぎないか。『極東』ぐらいにとどめたほうが」
「『極東』いいね。『極東の』何にしようか」

全くの思い付きでロドリゲスが「ハリー」と言った。
axn「『極東のハリー』いいな。それに決定」
言いだしっぺでありながら、本当にそれでいいのか戸惑いを隠せなかったロドリゲスだが、
流れを戻すことはできなかった。
そのときトイレに行っていたRayは、席に戻ってからバンド名の決定を伝えられた。

このようにしてグループ名が決定した。
「最初のうちは笑われるのを覚悟でやろう」
というコンセプトで始めるバンドなので、そこそこ適切な名前だったのかもしれない。

さて、そうなれば次のステップは「初ライブ」である。

(続く)


ロドリゲス

極東のハリー結成秘話7

2013年 07月27日 15:35 (土)

今日は暑いのでいきなり秘話に行きます・・・

2008年の春
Ray、ロドリゲス、axnの3人が新大久保の庄屋に集まった。
Rayとaxnは初対面であった。
初対面の者同士を引き合わせるのも、なかなか気を遣うものだ。

今回のミーティングの目的は2つあった。
①axnを加えて3人でやっていくか否か決める
②Rayとロドリゲスのコラボ3曲目の詰め

さて、初対面の2人であったが、大量のビールが問題なく垣根を取り壊した。
本業のギターではなく、DJとしてステージに立つことをRayは快諾した。

②の曲についても、詰めは順調に運んだ。
axnもデモを聴いて「これもやろう」と決まったこの曲は、
現在の曼荼羅チャイナである。

店を出たロドリゲス以外の2人の酔い方は中々のものであった。
楽しい酒で、相当ハイになっていたのであろう。
いきなり警察沙汰になるのではないか
と、ロドリゲスは内心戦々恐々としていたが、幸い大事には至らなかった。

それから数日後に再び新大久保の庄屋に集まった3人
議題は、バンド名を決めることであった。

(続く)


ロドリゲス

極東のハリー結成秘話6

2013年 07月26日 09:49 (金)

昨夜は8時全員集合リハ。
GBJとRayちゃんが昔一緒に作りかけたという曲のCDを渡されました。
聴きましたよ。
フフフフ~ン かっこいいじゃないですか

では秘話をどうぞ・・・


Rayとロドリゲスが共作した2曲を聴いたうえでaxnは言った。
「普通のバンド編成でやることに興味はない。オケを作れて機材を操作できる人がいるならば、
DJ+ギター+ボーカルの3人編成にしたらどうか」

確かにあまり見ない絵である。
それが狙いらしい。

さらにaxnは提案を続けた。
「あなた(ロドリゲス)は白いスパッツを履きなさい。
ボーカルが暴れている横で俺はビールを飲みながら座って弾くから」

さらに他には見ない絵である。
それも狙いらしい。

axnはLaser Beamをいたく気に入った。
ただし、ジャンル的には、R&Bっぽいものをやっていこうかという話になった。

このアイデアをRayに伝えたうえで、では3人で会って話そうかという事になった。
場所は、あの新大久保の庄屋である。


(続く)



ロドリゲス

極東のハリー結成秘話5

2013年 07月25日 16:26 (木)

今日はこれから8時の全員集合リハーサルです。
できれば、その前にスタジオ近くのスタバに寄りたいものです。
それは混雑状況次第です。

では秘話の続きをどうぞ・・・


Laser Beamは順調に出来上がった。
Rayもロドリゲスも満足できるものであった。
きわめてポジティブな雰囲気であった。そうなると

「ライブをやりたい」

という気運が湧き上がるが、

「メンバーが足りない」

という当たり前かつありがちな状況である。


そんな中、ロドリゲスは旧友axnがギタリストとして参加しているバンドのライブを渋谷ギルティーで観た。
女性ボーカルのバックバンドという体で楽器隊が存在していた。
「この楽器隊を全部こっちに取り込めないだろうか」

そうした下心をもとに、ロドリゲスはaxnを飲みに誘った。
かつて一緒にバンドを結成しようとして知り合った仲であり(実現しなかったが)、
音楽的な趣味がかなり共通していることは元々知っていた。

しかし、この酒の席においてaxnが出してきた提案は思いもよらぬものであった。

(続く)



ロドリゲス

極東のハリー結成秘話4

2013年 07月24日 21:30 (水)

今回は前振りも短めに入ります。


2008年の元旦。夕刻の日暮里・・・
飲み屋はほとんど営業していない。
Rayとロドリゲスは、駅にほど近いファミレスに入った。
早速ビールを喉に流し込むRayを前に、ロドリゲスは次の曲のデモを聴いた。

2回めに聴いたぐらいから、既にサビのメロディーが頭の中で出来ていた。

Rayの予告どおり、エレクトリック感満載の曲。
軽快なリズムに、ロドリゲスは宇宙的なイメージと、江戸時代の「ええじゃないか」をMIXしたコンセプトを着想した。
「とにかく辛いことは忘れて踊って踊って踊りまくれ」
的な感じである。

こうして出来た曲は、現在でもハリーの持ちネタとして重宝している。

Laser Beam



(続く)

極東のハリー結成秘話3

2013年 07月23日 11:53 (火)

ライブまで1週間を切りました。
ラママと四谷の衣装はほぼ決まったロドリゲスですが、1日のミッションズはどうしようかな。
その1週間後には再びアウトブレイクがあるし。
と軽~く告知をしたところで、引き続き結成秘話をどうぞ。


ロドリゲスが歌を入れたWalk on the Sandのデモは「良いですね」という事になり、
スタジオに入って改めてレコーディングをしようという運びになった。
録音は高田馬場のスタジオで行われ、ミックスを経て完成した曲は、周囲に好評であった。
これに気を良くしたRayとロドリゲスは、早くも次の曲を作ろうと画策し始めた。

今回は「トランス調の曲で」

トランスとは何かも全く知らないロドリゲスだったが、オケの完成を首を長くして待った。
2007年も暮れに近づいていた。
クリスマスも過ぎた年末、ロドリゲスが伯父の葬儀に参列していた時、Rayからメールが来た。

「曲が完成した」
という待望の知らせであった。


続く



ロドリゲス

極東のハリー結成秘話2

2013年 07月22日 10:26 (月)

しれっと再開する「極東のハリー結成秘話」
津嘉山正種のナレーションを想像しながらお読みいただければ・・・

新大久保駅で初対面したロドリゲスとRay
駅前の庄屋で話をし、とりあえず1曲一緒に作ってみようかという話になった。
Rayはすぐに曲を仕上げてきた。
それは、ロドリゲスがメンバー募集サイトに載せていた曲を聴いてイメージしたという。

後日ロドリゲスは再びRayと会ってCDを受け取った。
そこで耳にしたのは、非常にラウドなギターの、ロドリゲス的にはヘヴィーな曲であった。

Rayいわく「リンキン・パークのような」と称したその曲に対してロドリゲスの頭に浮かんだのは、ジョン・ライドン調のわめき立てるようなボーカルであった。
こうしてWalk on the Sandの詞とメロディーができ、いつもの新大久保の庄屋でRayに聴かせる日がやってきた・・・


(続く)


ロドリゲス

今日は長め

2013年 07月20日 20:43 (土)

「選挙に行きましょう」
と呼びかけられているが、ふだん選挙にも行かない若者が、自分らの未来にとって多少でも適切な判断のもとに票を投じることができるかというと、果たして疑問だな。
しょうもないマスコミの煽りとか、結局そういうのに乗せられるだけかも。

Facebookで、こんな文章を見つけた。
まさしく清志郎の大予言ではないか・・・


清志郎の手紙

地震の後には戦争がやってくる。
軍隊を持ちたい政治家が、
TVででかい事を言い始めてる。

国民をバカにして戦争にかり立てる。
自分は安全なところで偉そうにしてるだけ。

阪神大震災から5年。
俺は大阪の水浸しになった部屋で目が覚めた。
TVをつけると、5カ所ほどから火の手がのぼっていた。

「これはすぐに消えるだろう」

と思ってまた眠った。

6時間後に目が覚めると、
神戸の街は火の海と化していた。

この国は何をやってるんだ。
復興資金は大手ゼネコンに流れ、
神戸の土建屋は自己破産を申請する。

これが日本だ。
私の国だ。

とっくの昔に死んだ有名だった映画スターの兄ですと言って、
返り咲いた政治家。

弟はドラムを叩くシーンで、
僕はロックン・ロールじゃありません、
と自白している。

政治家は反米主義に拍車がかかり、
もう後もどりできゃしない。

そのうち、リズム&ブルースもロックも禁止されるだろう。
政治家はみんな防衛庁が大好きらしい。

人を助けるとか、世界を平和にするとか言って、
実は軍隊を動かして世界を征服したい。

俺はまるで共産党員みたいだな。
普通にロックをやってきただけなんだけど。

そうだよ、売れない音楽をずっとやってきたんだ。
何を学ぼうと思ったわけじゃない。
好きな音楽をやっているだけだ。

それを、何かに利用しようなんて思わない。
せこい奴らとはちがう。

民衆をだまして、民衆を利用して、
いったい何になりたいんだ。

予算はどーなってるんだ。
予算をどう使うかっていうのは、
いったい誰が決めてるんだ。
10万円のために人を殺す奴もいれば、
10兆円とか100兆円とかを動かしてる奴もいるんだ。

一体この国は何なんだ。

俺が生まれて育ったこの国のことだ。
君が生まれて育ったこの国のことだよ。
どーだろう……、

この国の憲法第九条は、まるで
ジョン・レノンの考え方みたいじゃないか?

戦争を放棄して、
世界の平和のためにがんばるって言ってるんだぜ。
俺達はジョン・レノンみたいじゃないか。

戦争はやめよう。
平和に生きよう。
そして、みんな平等に暮らそう。
きっと幸せになれるよ。



なんでこういう人が早死にしてしまうのか・・・

極東のハリー結成秘話1

2013年 07月19日 22:20 (金)

先日書いたとおり、ホームページ移行&結成5周年記念企画として「極東のハリー結成秘話」
しつこいようですが、大した話ではありません。

新たな試みで、小説調に書いてみたいと思ふ・・・


2007年の夏頃か。
ロドリゲスは見知らぬ人物からメールを受け取った。
それは、バンドのメンバー募集サイトを通じての出会いであった。
ロドリゲスがそこに載せていた曲を、その人物は聴いたという。

何度かメールを交換し、とりあえず会ってみようかということになった。

これまで何人、知らないバンドマンと会ってきたことだろう。
「今度会おう」と言ったまま互いに連絡をとらなくなったり。
全く話が噛み合わなかったり。
スタジオでセッションをするも何かピンとこなかったり。

そんなわけで、ロドリゲスも過度の期待はしないよう自らを制していた。

待ち合わせたのは新大久保の駅前。
時間どおりに、ロドリゲスの目の前に現れたのは、上下とも白という服装のスラリとした長身の好青年ぽい男であった。

「この人・・・俳優さんか?」

それが 第一印象であった・・・



(なんか官能小説みたいな文章だな・・・)


ロドリゲス

ライブ予定更新しました・・・

2013年 07月18日 18:16 (木)

いきなり忙しくなります。
7/29、7/30の2 dayライブのあと8/1にも高円寺MISSIONSライブが決まっていました。
ほぼ3連チャンです。
もうこうなったら7/31もどこかに入れてもらって4日連続にしようかと思うぐらいです。
そんなこと言ってると現実化しそうです・・・

トップページのライブ予定欄を更新したら、なぜか行間がやたら長くなってしまいました。
どうも改行するとよくないみたいです。
親類のTさんに救いの手を求めなければなりません。
助けて~

・・・昨夜の8時全員集合ライブ、前回から結構時間が経っているのに大して曲を忘れている様子もなく、トリオとしての成熟度をさらに感じました。
本番のライブでも反映させたいです。


ロドリゲス

いやはや

2013年 07月17日 16:29 (水)

PIC_0197.jpg

疲れました・・・

しかし、夜には8時の全員集合があるので、疲れも抑えなければいけません。
今日から、ハリー日記が完全にこちらに移行しました。
皆様、どうぞ変わらぬご支援をプリーズ。

サイト移行&結成5周年記念に「極東のハリー結成秘話」を何回かに分けて書こうかと思っています。
そんなに大した話じゃありません。
至って普通だと思います・・・

写真は、先日までやっていた「ろど紀行」で載せれば良かったと後悔しているロンドンの写真です・・・


ロドリゲス

東アジア

2013年 07月16日 12:18 (火)

またちょっとサッカーネタをひとつ・・・
個人的には、東アジア選手権がかなり楽しみです。
今まで代表に呼ばれなかったJリーグの選手が大挙見られるからです。
今回選ばれた選手でその後も呼び続けられる選手はごく少数でしょう。
だからレアな機会なんですよ。


さて、
29日のラママで着る衣装がほぼ決まりました・・・
30日の四谷はあれで行きます。
タケちゃん帽子です。
4月以来の登場になります。。。

そして明日は恒例の8時の全員集合リハーサル・・・
ぶっちゃけた話、何曲かは前回ライブ(6/14)以来歌っていないので、忘れてやしないかと危惧しないでもない。


ロドリゲス

北三陸

2013年 07月15日 11:59 (月)

NHKの朝ドラを毎日観るようになったのはいつ以来か・・・
ドラマにありがちな、ありえない偶然が頻発したり、AKBのパクリの度が過ぎたりと合点のいかない部分もあるが、まあ面白い。

平泉成は地元の名士のはずなのにやたら晩婚だったんだなとか(かみさんが若過ぎないか)。
GMTは背の高い徳島の子が好きだったんだけど男作ってやめちゃったなとか。
そんなことを考えながら観ています。

東北のシーンが少なくなったのが寂しいな。
だらしのない大人が多くて愛らしくなります。
とりあえず、哲太はキョンキョンと結ばれて欲しいものです。


ロドリゲス

学ばない人々

2013年 07月14日 11:31 (日)

新ウェブサイトに多数のアクセスありがとうございます。
あと数日で、minxサイトの日記の掲載は終了しようかと思っています・・・


来週は選挙なんですね。
今の与党が勝った後は、また胡散臭いナショナリズムや軍国主義が幅を利かせるようになるんだろうね。
自分自身あるいは自分の子供(私はいないけどね)が徴兵されるんじゃないか
そんな事を心配するような事態になるとは思いもしなかった。
全く生きた心地がしないな。

ロドリゲスの祖父(父のお父さん)は身長が低かったのが幸いして徴兵に引っ掛からなかったそうです。
何が幸いするかわからない。


ロドリゲス

CD買いました

2013年 07月13日 19:03 (土)

PIC_0355.jpg

昨日の日記に書いたとおり、タワーレコードで買い物をしました・・・

左が「アール・オキンの眠れぬ夜のボサノバ」
右がスコット・ウォーカーのThe Drift
です。

スコット・ウォーカーはまさしく孤高の静寂と狂気といった感じ。
ハリーでもこういうのをやってみたいけど賛同を得られるかは別問題だね・・・

客観的に見て狂気を感じさせるアーティストはとても魅力的ですね。
おそらくそれは音楽に限ったことじゃないと思われる。

スコット・ウォーカーは1944年、アール・オキンは1947年生まれということですが、私もこんなふうに末永く音楽をやっていけたら幸せでしょう。


ロドリゲス

大人買い

2013年 07月12日 16:06 (金)

先日の渋谷aubeライブに昔の同級生が見に来てくれたんだけど、その方はライブハウスをあとにすると、そのテンションで近くのタワレコに行きCDを3枚購入したそうな。

ちなみにメタリカとジューダス・プリーストとホワイトスネイクだったそうな。

豪快ですね。つか、それを聞いて、これこそ音楽好きのとるべき行動であると反省したね・・・

なわけで、私も明日は暑気払いにタワーレコードに行って2枚ばかりCDを購入しようかと思っています・・・
1年ぐらい気になっていたやつをね。


ロドリゲス

記念すべき

2013年 07月11日 09:57 (木)

新ウェブサイトでの記念すべき初日記になります・・・
旧ウェブサイトと同様、皆様のお越しをお待ちしております。
トップページで動画が見れるようになっているはずです。

このスムーズな移行はロドリゲスの親類Tさん無しには実現し得ませんでした。
持つべきものは良い親類です。

それにしても暑いですね。

次回ライブは今月29日ですが、これといってまだ始動はしていません・・・
1ヶ月以上間隔があくと、もう随分やっていない気がします。
ライブの頻度が飛躍的に増えたのでね。
29日のラママ、ロドリゲスはおそらく初めて着る衣装が加わると思われ。


ロドリゲス